絵本のまとめ記事

雨の日や梅雨時期におすすめの絵本10選

雨の絵本

こんにちは!ピクトブック編集部です。

じとじとと雨の日が続くとなんとなく気分もどんよりしがちですよね。どこにも行けない!外で遊べない!そんなストレスを抱えたときこそ、親子で絵本を楽しむチャンスです。

雨をテーマにした絵本は、結構たくさんあるものです。ただ退屈に感じていた雨の日も、別の視点で覗いてみると、ぐんと楽しい世界観が広がっているかもしれません。

雨と言えば、雨傘、長靴、レインコート・・・たくさんのアイテムがありますよね。いつもは使えない雨の日の道具の「特別感」が、子どもをワクワクさせるようです。

そのいつもと違う特別感が、子ども達の好奇心を掻き立てるのですね。晴れているのにいつも長靴を履きたがるお子さんもとても可愛いですよね。そんなマイ長靴やマイ雨傘が大好きなお子さんにも喜んでもらえる絵本がたくさんあります。

外にいる鳥たちは、動物たちは、雨の日どうやって過ごしているのかな?紫陽花あじさいの葉にはカタツムリいるかな?
そんなことを親子で想像しながらゆっくりお部屋で過ごすのもたまにはいいですよね。見えないものを想像することで、誰かを想う気持ちや面白いことを発想する力が、ぐんと伸びるきっかけになるかもしれません。

たまには想像をものすごく膨らませて、ありえないお話を作ってみたり、親が率先して楽しんでいれば、必ず子ども達も興味を持ってお話作りに目覚めることでしょう。

今回は、梅雨の時期や雨の日に読みたいおすすめ絵本を10冊ご紹介させていただきます。どんより天気で憂鬱な気持ちを吹き飛ばして、雨をおもいっきり楽しんでみましょう♪

雨の日におすすめの絵本

水彩画で描かれるのは、透明感あふれる美しい雨の情景!どんより天気も楽しくなる絵本。

雨の日って楽しいかも!?雨の楽しみ方を個性豊かに、優しいタッチで描いた絵本。

立派な傘が雨で濡れるのは嫌!?おじさんが傘を差す日はくるのでしょうか?

やったー!今日は大雨だ!カエルにとって「いいおてんき」って?カエルさんのためなら雨もガマンできるかも!

長靴の遊び方はたくさん!夢中で遊んでいると片方をなくしてしまい・・・。

穏やかで優しくて楽しげな雨を素敵なオノマトペとともに幻想的に描いた絵本。

赤い傘は魔法の傘!不思議な相合傘で始まるコーラス!

雨が待ち遠しい!誕生日に雨傘と赤い長靴をもらった小さな女の子の成長物語。

かたつむりなのに足がある!?すたすたすた・・・が止まらない楽しい絵本。

てるてる坊主にお願い!それでも止まない雨にコッコさんは・・・!?

雨の中、レインコートを着て踊る姿はまるでミュージカルのよう!


以上、「雨の日や梅雨時期におすすめの絵本10選」でした!
私たちの住む日本には四季があり、「雨」だけでもそのシチュエーションによって呼び名も性質も様々です。ぜひ、小さな子ども達にもいろんな情景を知っていってほしいものですね。また、空から水が降ってくるなんてきっと不思議で仕方ないはず。知的好奇心を刺激して、「どうしてだろう」と考えるきっかけになれば嬉しいですね。