絵本

うらしまたろう

出版社からの内容紹介あらすじ

浦島太郎は船で現れた乙姫に誘われて竜宮へ。楽しい日々に、時を忘れていく浦島が、四季をめぐる部屋を目にし……。「古事記」の時代から語りつがれる昔話を、山下明生先生が流されていく若者の物語として再話。太郎を迎えにいく乙姫や、浦島が玉手箱を開けて歳を取ってからの結末が描かれ、余韻の残る物語となっています。町田尚子先生は、幻想的な物語を哀しく美しく描いています。中でも、竜宮での四季のシーンは印象的です。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。