絵本

オニたいじ

節分の日の鬼退治ならぬ悪者退治!?「本物の鬼」を退治するため豆たちが飛び回ります!

この絵本の内容紹介あらすじ

節分の日に神主さんが投げた豆が、世界中に飛んでいって悪者退治に活躍するお話です。豆たちには顔が描かれていて、みんな何とも元気いっぱい。ピューっと勢いよく飛んでいく姿はまさに爽快です。

最初の豆はピューっと飛んで、神社近くの自転車泥棒に見事命中!その豆の当たった表情が何とも言えず読んでいる子ども達は大喜びでしょう。その後も、町の銀行強盗をやっつけ、さらにはサバンナまで飛んだ豆は動物を乱獲する人間たちをこらしめます。悪者たちは、おでこにたんこぶができたり、鼻の穴に豆がはまったり、なぜかカツラが取れたり!?悪者の逃げ方が面白いのも見所のひとつです。

そして、豆たちはさらに悪者を退治しに遠い場所へ…着いた先は宇宙!?スケールの大きいお話にびっくりしてしまいますが、地球を守るという壮大な使命にも豆たちは大活躍します。なんと最後の敵は宇宙人なので読んでいる子ども達もえーっとびっくりするはずです。

「せかいにはもっとほんもののわるいオニがいる」という豆の言葉の通り、鬼の姿をしていなくても悪いことをしている人間たちがいるのが現実です。この豆たちのように悪いことに立ち向かう勇気を持って世の中に出て行って欲しいものですね。そんなことをユーモアたっぷりに教えてくれる楽しい一冊です。

出版社からの内容紹介

森 絵都&竹内通雅のユーモア絵本
小さな まめたちの 大きな 冒険! 〜みんなの幸せを祈って まめたちはきょうも行く〜
節分の日の豆まき。今年の豆たちは、オニのお面をつけたおじさんではなくて、世界にいる本物のオニを退治したいと考えた。豆たちは、自転車泥棒、銀行強盗、密猟者、地球の侵略者を撃退。痛快で楽しいオニ退治の絵本。

出版社「金の星社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。