絵本

くっついた

「〇〇と〇〇がくっついた」という繰り返しのシンプルな赤ちゃん向け絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

金魚さんと金魚さんが・・・・・、くっついた。金魚さんの口と口がくっつきます。

アヒルさんとアヒルさんが・・・・・、くっついた。アヒルさんのくちばし同士がくっつきます。

ゾウさんとゾウさんが・・・・・、くっついた。ゾウさんは長い鼻をお互いに伸ばしてくっつきます。

この絵本は、「〇〇と〇〇がくっついた」というシンプルな繰り返しのお話です。いろんな動物が登場し、いろんな方法でくっつきます。

他にも、お猿さんとお猿さんが手を取り合ってくっつきます。

最後は、お母さんと赤ちゃんがくっついて、それから・・・お父さんも一緒にくっつきます。家族みんなで頬ずりをして、くっつく姿がとっても微笑ましく描かれます。

それぞれのページ背景が原色で描かれており、小さなお子さんが興味を示してくれるように工夫された配色が特徴的な絵本です。

絵本のなかに登場する動物達や親子のように、きっと仲良くくっつきたくなることでしょう。

出版社からの内容紹介

ページをめくると…、くっついた! そのくり返しが楽しいあかちゃん絵本。金魚、アヒル、ゾウ、サルが、思い思いのやり方で「くっついた」。最後は、あかちゃんをはさんで、お父さんとお母さんも一緒に「くっついた」。

出版社「こぐま社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。