絵本

くまのこポーロ

泣き虫な子グマのポーロにもいつかやってくる巣立ちの日。見送るお母さんと見送られる子どものそれぞれの心境とは。

この絵本の内容紹介あらすじ

真冬のこと。クマのお母さんは冬ごもりのために穴のなかで暮らしていました。そして、そこで生まれたのがポーロと双子の妹のプリン。
手のひらに乗るほど小さな二匹とお母さんは、春が来るまで穴のなかで身を寄せあって暮らします。

ある日、外から明るい光が射し込んできました。待ちに待った春がやってきたのです。

お母さんは、ポーロとプリンをお留守番させ、どこかへ出掛けて行きます。お母さんの帰りは遅く、寂しくなったポーロの目にはとうとう涙が。

ようやく戻ってきたお母さんは、フキノトウを食べに出掛けていたのです。冬ごもりの間、何も食べていなかったので空腹を満たしに出掛けたのでした。

今度は、ポーロとプリンがお腹を満たす番。お母さんのミルクを飲みながら、ポーロはフキノトウがどんなものか不思議に思うのでした。

雪解けを迎えると、ポーロとプリンはいよいよ穴の外に出掛けますが、森を散策するのは初めてのこと。美味しいものが散りばめられた素敵な世界に胸が踊ります。

クマの親子が川辺に着くと、みずみずしいフキノトウや柔らかなタケノコをむしゃむしゃと頬張ります。そして、お腹いっぱいになったクマの親子は、木陰ですやすやとお昼寝するのでした。

ポーロが目を覚ましたところ、カラスが近くの木の枝に留まりました。そして、カラスから驚くようなことを聞いてしまったポーロは、今にも泣き出しそうなほど悲しい気持ちになるのでした。

「クマのお母さんはね、コグマが一人立ちするとき、木苺の茂みに連れていくんだ。そしてコグマが食べている間にそっといなくなるのさ。」とカラス。

カラスから心配ないと優しい言葉をもらっても、ポーロは不安でたまりません。そんなある日、お母さんが木苺を食べに行こうとポーロとプリンを誘うのでしたーーー。


誰しもいつかは巣立ちの時がやってくるのです。ポーロとプリンも大きくなったら一人立ちする日がやってくるのです。

この絵本は、心温まる親子の愛情を描くとともに清々しい子ども達の巣立ちを描きます。
巣立ちの日、ポーロはどんな心境なのでしょうか。そして、お母さんの心境とは。

出版社からの内容紹介

親の子離れ、子の親離れできますか? 子育ての最終目的は、親離れできる子に育てること。そして親は、子離れできるようになること。その日に向かう日々の積み重ねは、親の、子の、生きる力になります。親子でいっしょにいられる時間は意外と短いことを、2年間で子育てを終えるツキノワクマの生態が教えてくれます。親子で過ごす日々がいとおしく、誇らしく思える絵本です。『野の花えほん』などで人気の絵本作家、前田まゆみ先生最新作。愛らしいくまの子ポーロの成長の丁寧な描写はもちろん、場面を彩る細密な植物画も必見です!

対象年齢:4・5才~。

「あとがき」より:このお話は、マタギと呼ばれる東北地方の猟師さんの間に伝わる「いちご落とし」という伝承をもとに描きました。子ぐまが1才半ほどになり、子別れの時期がくると、母グぐまは子グぐまを木いちごのなっているところに連れていき、子ぐまが夢中で食べている間に姿を消すというものです。

出版社「主婦の友社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。