絵本

いっすんぼうし

出版社からの内容紹介あらすじ

伝承によって内容の異なる『一寸法師』には、計略で出世するタイプもありますが、山下明生版では、自らの力で正々堂々と幸せを得る物語。体の小さな一寸法師が、知恵と勇気で道を切り開き、成功をつかんでいく様子をわかりやすく表現しています。そして、一寸法師のサイズで見る世界や、独創的な造形の赤鬼と青鬼などを、絵本作家の山本孝がいきいきと力強く描き、冒険物語の楽しさにあふれた昔話絵本に仕上げています。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。