絵本

おおきなかぶとちいさなかぶ

出版社からの内容紹介あらすじ

なかなかぬけない大きなかぶのおとなりに…、スポンとぬける小さなかぶ?!
だれかの呼んでる声に気づいて「ぼく、ちょっといってくる!」と駆けだしたのは…? 

そのまま読むと「おおきなかぶ」のお話が楽しめて、しかけを開いて読むと「あたらしいお話」が楽しめる、2WAYおはなしブック!
好評『3びきのこぶたと4ひきめのこぶた』につづくシリーズ第2弾です。

「おおきなかぶ」のすぐそばで広がる、ささやかで爽やかなストーリー。
小さな声と小さな力が重なって生まれた、晴れやかな新しいエンディングをお楽しみに!

出版社「教育画劇」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。