絵本

かぶと四十郎 夕陽のカブトマンの巻

出版社からの内容紹介あらすじ

かぶとむし侍、かぶと四十郎は、偉大で強かった父、三十郎のことがプレッシャーでした。おさなくして亡くなった父の姿を意識しながら、素直になれず、悪さばかり。そこへやってきたのは…

出版社「教育画劇」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。