絵本

くっついた

この絵本の内容紹介あらすじ

「きんぎょさんと きんぎょさんが くっついた」

「あひるさんと あひるさんが くっついた」

「ぞうさんと ぞうさんが くっついた」

「おさるさんと おさるさんが くっついた」

クチバシとクチバシをくっつけ合ったり、長い鼻を伸ばしてくっつき合ったり、木と木から互いに腕を伸ばしてくっつき合ったり、「くっついた」の方法は様々。

お母さんと赤ちゃんも頰を寄せてくっついて、それからお父さんも一緒にくっつきます。みんなでくっつくと、赤ちゃんから満面の笑みが溢れます。


この絵本は、著者:三浦 太郎氏の子育て経験をもとに描かれました。

我が家に赤ちゃんがやってくると、赤ちゃん中心の生活が始まります。赤ちゃんは泣きたいときに泣いて、寝たいときに寝る。それに合わせるのがお父さんお母さんです。

「笑うようになったら、かわいくて育児疲れも飛んでいくよ」

そうは言っても、赤ちゃんはなかなか笑ってくれません。「いないいないばあ」をしても、逆にじーっとこちらを見ています。

そんなある日、三浦氏が赤ちゃんの頰をさわっていて、何気なく「くっついた」と声を出しながら頰を寄せると「ぐふぐふ」とまだ下手くそな笑い声を出したのです。

肌と肌がふれ合う喜びを「くっついた」の言葉とともに描きます。「〇〇と〇〇がくっついた」というシンプルな繰り返しのお話です。

出版社からの内容紹介

ページをめくると…、くっついた! そのくり返しが楽しいあかちゃん絵本。金魚、アヒル、ゾウ、サルが、思い思いのやり方で「くっついた」。最後は、あかちゃんをはさんで、お父さんとお母さんも一緒に「くっついた」。

出版社「こぐま社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。