この絵本の内容紹介あらすじ

ねずみちゃんと、りすちゃんと、うさぎちゃんと、たぬきちゃんは、お雛様を見てうっとり。

自分達もお雛様を作って、見せ合いっこをすることにしました。

ねずみちゃんは家に帰ると大好きなチーズを見つけました。そして、そのチーズを使ってお雛様を作りました。大好きなチーズを食べたい気持ちは我慢です。

りすちゃんは家に帰ると大好きなドングリを見つけました。そして、そのドングリを使ってお雛様を作りました。りすちゃんも大好きなドングリを食べたい気持ちは我慢です。

うさぎちゃんは家に帰ると大好きなニンジンを見つけました。そして、そのニンジンを使ってお雛様を作りました。お腹が鳴りますが、みんなで見せ合いっこするので食べたい気持ちは我慢です。

最後はたぬきちゃん。お雛様を作る材料を探しますが、アイデアが浮かびません。材料探しに困りつつも、なんとか材料を発見。さっそくお雛様を作りますが、みんなと同じように美味しいものではありません。

たぬきちゃんは、どんなお雛様を作ったのでしょうか。みんなのアイデアがキラリと光る素敵なお雛様が集合します。

巻末には雛祭りの風習などの解説付き。

出版社からの内容紹介

きょうはひなまつり。ねずみちゃんと、りすちゃんと、うさぎちゃんと、たぬきちゃんは、おひなさまがほしくてたまりません。そこで、自分だけのおひなさまをつくることに。さあ、どんなおひなさまができるかな?身近な行事に興味を持ちはじめた子どもたちに向けて、日本の伝統をやさしく伝える絵本シリーズ。

出版社「ほるぷ出版」より