絵本

あるひはるがきていました

出版社からの内容紹介あらすじ

ふうちゃんはある朝めざめると、光のまぶしさから「春がきた!」と感じて飛び起きます。お人形をつれて庭や池を見に行くと、そこここに春がきていて、花も虫も、みんなににこにこ顔になっています。春の訪れを五感で感じる絵本。

絵本「あるひはるがきていました」の一コマ

絵本「あるひはるがきていました」の一コマ

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。