絵本

ぜったいねないからね

この絵本の内容紹介あらすじ

僕の妹の名前はローラ。まだ小さくて手の掛かる妹なのです。

「いもうとの めんどうを ちゃんと みてあげてね」
「じかんに なったら ベッドへ つれていってね」

パパとママはそう言って出掛けていきますが、言うのは簡単でも実際にはとても大変なこと。なぜなら、妹は夜遅くまで起きているのが大好きだからです。

妹は、塗り絵をしたり、フラフープを回したり、ぺちゃくちゃ喋ったり、いつまで経っても寝ようとしません。僕が「もう ねる じかんだよ」と言っても、「いやだ! あたし まだ ねむたくないもん」の一点張り。ましてや眠くなったことなど一度もないと言うのです。夜中の1時を過ぎても元気に満ち溢れています。

そんなある晩、僕は良いことを思いつき、寝ようとしない妹にこう言いました。

「ねるまえに のむ、だいすきな いちごミルクの じかんも こないって わけだよね? それでも ねむたくないの?」

ところが、妹からは予想外の言葉が返ってきます。

「でも あたしが いちごミルクを のむと、トラたちも いちごミルクを ほしくなるのよ」
「ほら、トラ達が もう、おやすみまえの いちごミルクを テーブルで まってるじゃないの。あんまり またせると おこりだすかもよ」

このように僕が何を言っても、妹は『ああ言えばこう言う』なのです。歯磨きをするように言ってもライオンのせいにして、お風呂に入るように言ってもクジラのせいして、パジャマを着るように言っても犬のせいにするのです。

それでも僕は、どうにかこうにか妹の言い訳に付き合います。そして、どうにかこうにか言うことを聞かせ・・・。

こうしていつまでも眠らず、僕を困らせてばかりの妹は、一体いつになれば言いつけどおりに眠ってくれるのでしょうか。

出版社からの内容紹介

チャーリーの妹ローラは、夜おそくまでおきてるのがだーいすき! なんだかんだいっては、なかなかベッドにはいろうとしません。 チャーリーはどうやってローラをねかしつけるのでしょうか。

出版社「フレーベル館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。