絵本

ようかいガマとの おエドでうちゅうじん

出版社からの内容紹介あらすじ

伝承にこだわった妖怪を登場させる絵本シリーズ第3弾。舞台は、妖怪が人気のあった江戸時代。そこに宇宙人たちが登場します。ガマとのは地球に落ちてきた宇宙人の父子を星に帰してやるため、別の宇宙人を探して江戸の街をかけめぐります。しかし、忍びこんだ城で捕らえられてしまい……。ガマとのの秘密も明らかになり、シリーズがつながる完結編です。江戸時代で不思議な行動をする宇宙人と、妖怪の近いところも発見できます。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。