絵本

夜の神社の森のなか -妖会録-

「あんなもの、拾わなきゃよかった」
神社の敷地で不思議なものを拾った少年ケンジに起こったことは!?

この絵本の内容紹介あらすじ

少年達が神社で遊んでいたとき、そのうちの一人が不思議なものを見つけました。

「おもしろいじゃん。これ、おれがもらっとくよ」
少年達のなかで一番強そうなケンジはそう言うと、さっとカバンに入れました。

やがて日が暮れてくると、少年達はしばしのお別れ。夜、河原で花火をする約束をして、少年達は一度家に帰ることにしました。

その夜、ケンジは道を急いでいました。花火の約束の時間に遅れてしまったのです。

「あっ!」
駆け足で先を急いでいたケンジは、神社の角を曲がった直後、突然と立ちすくんでしまいました。なんと、道の真ん中に妖怪達が・・・。

「あなた、もしや大天狗さまのうちわを、お持ちではないですか?」
提灯お化けが口を開きました。

日暮れどきに神社で拾った不思議なものは、大天狗の団扇だったのです。

「そ、それ・・・・・・、いまから、か、返しにいくんです。」
突然のことに平常心を失ったケンジは、とっさにデマカセを言ってしまいました。

すると提灯お化けは、ケンジを大天狗のところまで案内すると言うのです。ケンジは逃げ出すこともできず、妖怪達に案内されがままに、神社の奥の森の中に入っていきました。

さっきまで聞こえていた虫の声もどこへやら。あたりはしんと静まりかえり、物音一つしません。そして、驚くほどに空気が冷たくなっていくのです。

森の奥へと進むにつれて、道は険しくなり、鼻を突くような異臭が漂い、妖怪達の囁き声が聞こえてきます。人間が森に入ってくるのは珍しいことなので、妖怪達はあちらこちらで騒ぎ始めます。

ケンジは「あんなもの、拾わなきゃよかった」と後悔しますが、もう引き返すことはできません。どのくらい歩いたのか分からなくなったころ、地面から根が迫り出している松の木の前に到着しました。ようやく大天狗のいるところに着いたのです。ケンジはカバンから団扇を取り出します。

すると突然、バサっと大きな羽音が聞こえ、ケンジの体が宙に浮きました。翼の生えた烏天狗が、木の上の大天狗のところにケンジを抱えながら飛んだのです。

そして大天狗は団扇を受け取ると、お礼にと不思議な力を使います。大天狗が空に向けて団扇を大きく振ると、覆っていた雲があたりに流れ、満天の星が現れました。しかも、そこから無数の流れ星が降り注ぎ、幻想的な夜空を見せてくれるのでした。

いつの間にか月が昇ったころ、妖怪達の騒ぎもいよいよ大きくなってきました。ケンジは大天狗と別れて、来た道を帰ることにします。

帰り道に決して振り向いてはいけない。鳥居を潜るまでは決して声を出しても走ってもいけない。別れ際に大天狗がケンジに忠告をするのですが・・・。


恐ろしく、そして滑稽で、それでいて美しい妖怪達の不思議な世界を描いた絵本です。すべてのページを鉛筆で描き、光と影のコントラストで魅了します。

読み進むにつれてモノクロームの世界に引き込まれていくような、そんな錯覚を覚えることでしょう。

巻末には、絵本に登場する妖怪の解説付き。

【公式動画】夜の神社の森のなか

出版社からの内容紹介

光りと影、モノクロで描かれた妖怪絵本。
第50回造本装幀コンクール、日本書籍出版協会理事長賞(児童書・絵本部門)受賞作。

〈あらすじ〉
神社の敷地で遊ぶ子どもたち。一人の少年が、境内の脇で不思議な物を見つけ鞄にしまった。その日の夜、河原で花火をするために少年が再び神社の前を通りかかった時、落とし物を返してくれと妖怪が現れた!逢魔が時の境内は、妖怪たちが闊歩する時間。少年は、見たこともない不思議な世界を体験する。

夜の神社で、少年は様々な妖怪に遭遇します。全ページ、鉛筆を駆使したモノクロの世界で表現されており、一見おどろおどろしくみえますが、どことなく滑稽で、また不思議な美しさを漂わせています。

作者は、グラフィックデザイナーの大野隆介氏。絵本を中心に、これまで数々の書籍の装丁やデザインを手がけてきました。本書は、「作家」としての初めての作品です。

出版社「ロクリン社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。