絵本

やじるし

出版社からの内容紹介あらすじ

花をつみに出かけた女の子は、黄色のやじるしに連れられて、ふしぎな寄り道をします。魚が鳥になり、雨は花になり、やじるしも姿を変えて進み、やっと野原についたと思ったら大きなクマが出てきて…! 青と黄と黒だけを使用した3色印刷が味わい深く、シンプルにデザインされた画面は、新しいのになぜか懐かしい気持ちに。人気イラストレーターの平田利之さんが描くユーモアは心地よく、何度でもページをめくりたくなる絵本です。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。