絵本

うきわねこ

海も川も、プールすらない町なのにおじいちゃんからの誕生日プレゼントは不思議なうきわ!?

この絵本の内容紹介あらすじ

日曜日のお昼、えびおの家に宅配便がやってきました。差出人はえびおのおじいちゃん。誕生日のプレゼントにと、おじいちゃんから送られてきたのは、赤と白の模様のうきわでした。海も川も、プールすらない町に住んでいるえびおは、うきわが何かもわかりません。えびおのおとうさんもおかあさんも、おじいちゃんの意図がわからず首をひねります。

ひそかに同封されていたおじいちゃんの手紙には、次の満月の夜を楽しみに、それまでは大事にしまっておいてください、というメッセージが書いてありました。おじいちゃんがどうしてそんな手紙をくれたのかはわからないけれど、えびおは毎晩窓から夜空を見上げて、満月の夜を心待ちにするようになります。そして、いよいよやってきた満月の夜。うきわに空気を入れてベランダに出たえびおを待っていたのは・・・。

輪郭のないふわりとしたパステル調で描かれるのは、予想外の壮大な展開。細部まで描きこまれた繊細な絵が織り成す大冒険に、気がつけば夢中になっていること間違いなしです。

ちょっぴり切なく、そして幸せな気分で物語は終わりを迎えます。子どもはもちろん、昔子どもだったお父さんやお母さんにも、ぜひ読んでほしい一冊です。

出版社からの内容紹介

えびおのお誕生日に、おじいちゃんからとどいたうきわ。それは、ただのうきわではありませんでした。待ちに待った満月の夜に、えびおがうきわをふくらませると、月にひきよせられるようにのぼっていきます。この夜えびおが体験した、わすれられない出来事とは......?

出版社「ブロンズ新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。