絵本
北国からの動物記

タヌキ

出版社からの内容紹介あらすじ

ある日タヌキがキツネの巣から顔を出して、びっくりの竹田津さん。タヌキの気持ちになって巣を探す。ため糞という共同トイレを探したり、タヌキの気持ちになって巣を探したり。近い種であるキツネとの比較、獣医師として看た出産、子育ての様子も紹介。

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。