絵本

たなばたさま きららきらら

おばあちゃんが伝える楽しい七夕のお話。七夕飾りの工作も収録された絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

おかあさんがおかあさんになった日」など多くの絵本で受賞されている長野ヒデ子さんの描く七夕がテーマの絵本です。

この絵本では、おじいちゃんとおばあちゃんの家で過ごす七夕の一日を楽しく紹介しています。猫ちゃんとなぜかタコくんと一緒に七夕の準備をします。

タコくんは自分の墨でた~くさん短冊にお願い事を書いて、おじいちゃんによくばりだね、なんて言われます。

七夕飾りの「わつなぎ」、「さんかくつなぎ」、「ほしのあみかざり」、「あみのちょうちん」の作り方も書いてあって小さな子どもでもできそうな工作がたくさん載っていて参考になりますね。みんなでお風呂に入って体を清めたら浴衣に着替えて夜のお楽しみタイムのはじまりはじまり~♪

お父さんとお母さんもやってきて、天の川の下でみんなで流しそうめん大会が始まります。
竹で作った流しそうめんは、まるで天の川みたいです。とっても涼しそうでみんなでわいわい楽しそう。家族で過ごす七夕の一日のヒントにしてみてはいかがでしょうか。

出版社からの内容紹介

おばあちゃんが教えてくれる、日本のたなばたの楽しみかた!
竹・短冊・お飾り・ゆかた・そうめん・すいか……そしてきららきららのお星様! 長野ヒデ子先生の『おしょうがつさん どんどこどん』に続く行事絵本です。

出版社「世界文化社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。