絵本

たっちゃんのながぐつ

長靴の遊び方はたくさん!夢中で遊んでいると片方をなくしてしまい・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

たっちゃんはお父さんを呼ぶと、たくさんの長靴が置かれた棚を指差しました。赤色や白色や茶色や様々な色の長靴がありますが、その中でもたっちゃんのお気に入りは黄色の長靴です。

さっそく試し履きしてみると、たっちゃんにぴったり。お父さんに長靴を買ってもらって、たっちゃんは上機嫌です。

家に帰ると長靴を箱から取り出し、片時も手放しません。手に履いて逆立ちをしてみたり、頭に乗せて踊ったり、寝るときも枕元に並べるほどです。

翌朝、たっちゃんは長靴を履いて、さっちゃんに見せに行きました。たっちゃんは黄色の長靴、さっちゃんも同じ黄色の長靴です。

二人が砂場で遊ぶと、長靴はあっという間に泥だらけ。しまいには、長靴に砂を詰めて遊び始めます。

ところが、家に帰るころには片一方の長靴を失くしてしまいます。たっちゃんは全身泥だらけで、片一方の長靴だけ履いて帰ってきたのです。

次はお母さんが長靴を買ってくれました。今度は赤色の長靴です。

たっちゃんはその長靴を履いて、さっちゃんに見せに行き、二人の楽しい長靴遊びが始まります。

今度は、ケンケン遊び。片方の長靴だけを履いて跳びはねます。水溜りもお構いなしにピチャピチャと跳びはねます。

ところが、家に帰るころには、また片一方の長靴を失くしてしまいます。たっちゃんは服も水浸しで、片一方の長靴だけ履いて帰ってきたのです。

今度は、長靴を新しく買わなくても大丈夫。なぜなら、色違いの長靴を片方ずつ履けばいいのです。片一方に黄色の長靴を、もう片一方に赤色の長靴を履いてお出掛けです。

そして、今度はさっちゃんと砂場で穴掘りをして遊びます。大きい穴を掘って、さらには深い穴を掘って、どんどん穴を掘り進めると・・・。最後は、驚きの大どんでん返しが起こります。

出版社からの内容紹介

欲しかった黄色の長靴を買ってもらったたっちゃんは、嬉しくて寝る時もいっしょ。ところが、友達のさっちゃんと砂場で夢中で遊んでいるうちに、片方をなくしてしまい…。「こぐまちゃんえほん」シリーズの作者が、子どもの日常に起きるドラマを描きます。

出版社「こぐま社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。