絵本

しゅっぱつしんこう

出版社からの内容紹介あらすじ

市電を「こどもとしょかん」に改造する、実話に基づく幼年童話『ふたごのでんしゃ』の続編。「こどもとしょかん」に続けと、子どもたちに本を届ける「としょかんバス」「としょかんでんしゃ」「としょかんれっしゃ」等々が次々にできました。さらには、富士山のふもとに、世界の子どもの本を集め、音楽堂や美術館もある巨大な「なつやすみのくに」が完成して…!? 渡辺茂男・堀内誠一が贈る、夢の未来を描いた傑作幼年童話の復刊!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。