絵本

さくらいろのりゅう

出版社からの内容紹介あらすじ

いつも、ひとりぼっちのコイシに初めてできた友だちはりゅうでした。ある日、りゅうがコイシに青いうろこをくれたので、コイシは自分のたからもののさくらいろの貝と交換します。そのうろこが、欲深い男たちの目にとまり・・・。コイシとりゅうの友情、欲深い人間の姿を描きます。昔話風創作絵本です。

絵本「さくらいろのりゅう」の一コマ

絵本「さくらいろのりゅう」の一コマ

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。