絵本

らくちんらくちん

この絵本の内容紹介あらすじ

ゴリラが歩いていると、「…あ」と言って何かを見つけました。それはキリンです。ゴリラは、キリンの長い首に掴まって「らくちん らくちん」。

コアラの親子が木に登っていると、「あっ」と言って何かを見つけました。それはカンガルーです。コアラの親子は、カンガルーの背中に乗って「らくちん らくちん」。

シロクマ達が散歩していると、「わっ」と言って何かを見つけました。それは流氷です。シロクマ達は、流氷に揺られて「らくちん らくちん」。

ラッコもペンギンも恐竜もりおちゃんも何かに出会って、ちょっとらくちんしちゃいます

最後は、ブタとヒツジとイヌとニワトリとカメとアヒルが一緒になって・・・。


「あっ」「わっ」「おっ」の驚きの声が楽しい繰り返しの絵本です。「らくちん らくちん」のリズミカルな言葉もクセになることでしょう。子ども達の「もう一回よんで!」を引き出します。

出版社からの内容紹介

ゴリラがあるいていると「…あ」。見つけたのは、キリン。いろんな動物が、なにかに出会って、ちょっとらくちんさせてもらいます。

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。