絵本

ピッケとポッケ

甘え上手の弟ポッケと甘えられない姉ピッケの仲良し姉弟こねこのお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

本当はお母さんに甘えたいのに、なかなかじょうずにできないの。
自分の気持ちを上手に出せる子、苦手な子、いろんな子がいていろんな気持ちの表し方があることを教えてくれる絵本です。

ピッケとポッケはねこの仲良し姉弟。
いつもおすまし顔のおねえさん・ピッケ。あまえんぼうのおとうと・ポッケ。

ポッケは自分の気持ちを素直に表現することができますが、ピッケは楽しいことがあっても、嬉しいことがあっても、いつもおすまし顔。そのかわり、表情や態度で表すかわりにしっぽがフリフリ動きます。

ある日、ママに甘えたいけど、うまくできないピッケが、ママに甘えているポッケの姿をみて家出してしまうのですが…。

自分を素直に出せない子って、これから子どもたちが成長していくなかで、たくさん出会う機会があるのではないでしょうか?

そんなとき、無理にその子を変えようとするのではなく、ピッケのしっぽをそっと見つめるポッケのように、優しく寄り添ってあげることも大事なんだと、子どもにも感じてもらえる絵本です。

出版社からの内容紹介

商品説明 ピッケとポッケはネコのきょうだい。 顔はおすましでも、しっぽは、うれしいとフリフリのピッケですが、弟のポッケのようにママに甘えられないお姉さんのピッケは、「わたしの気持ち、わかって!」と、悲しくなって家出をしてしまいます。

出版社「佼成出版社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。