絵本

おせちのおしょうがつ

おせち料理の由来が物語仕立てで描かれた絵本。おせちの具材たちが協力しながら鏡餅の家に遊びに出かけるお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

なんと、絵が全部手芸で作られている、とても可愛い絵本です。子どもも大人も癒される一冊です。

フェルト絵本というと赤ちゃん向けのようなイメージがあるのですが、この絵本は赤ちゃん向けではなくしっかり「おせちの意味」を伝えてくれる絵本です。

それぞれのおせちの具材がキャラクターになっていて、みんなでかがみもちさんの家に行くお話です。その過程で、黒豆さんが川に落ちる大事件が!
みんなで力を合わせて救出し、無事にかがみもちさんの家に到着です。そして、みんなでお正月遊びを楽しみます。とってもユニークなお話ですよね。

おせちの意味も読むだけで理解できるようになっています。新しい発見があって、読んで楽しいストーリー性もあるのが嬉しい一冊ですね。
絵の可愛さと内容の面白さで、この絵本が好きになる子も多いのではないでしょうか。

おせちを食べたことがないお子さんにも「おせちを食べたい!」と思わせてくれる絵本です。おせちを知らないお子さんや、おせちがあまり好きじゃないお子さんに読んであげるのがおすすめですね。

出版社からの内容紹介

おせち料理の由来がわかる絵本
かずのこ・こぶまき等、おせち料理の仲間たちが協力しあって、鏡餅の家に遊びにいくストーリー。子供にもおせち料理の由来が分かる、おはなし絵本。

出版社「世界文化社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。