絵本

オルゴールワールド

「お互いがお互いに理解し合うためにはどうしたらよいのか」
そんなメッセージが詰まったファンタジー絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「どれ、奇跡の話をしようじゃないか。」という印象的なセリフからこの物語は始まります。

上空5,000mの空中帝国に住むカンパネラ爺さんは「ちょっと奇跡に用がある」と言っては、50年も大きなラッパを作り続けます。

大きなラッパは、工場の屋根を突き抜け、空に伸びるほどですが、それでもまだまだ完成しません。

カンパネラ爺さんは、少年時代は科学塾に通い、魔法ごっこで遊ぶ友達を横目に見ながら、「魔法なんてウソっぱちだ」と目に見えるものしか信じない勉強熱心な少年でした。
科学塾から帰ってくると晩御飯もそっちのけで望遠鏡を覗いては、星空ばかり眺める毎日を過ごします。

そんなある日、星空を眺めようと望遠鏡を覗き込みますが、煙突から出る煙の量が多くて、星空が見えません。そこで、望遠鏡の向きを変えようとしますが、ネジが緩んで望遠鏡は下を向いてしまいました。

そのとき、ふと空中帝国の5,000m下の鬱蒼うっそうと茂る森の様子が気になります。

何千年も昔のこと、人間は海から生まれ、5,000m下の森で過ごしていました。しかし、悪性の細菌が森に充満し、今では住むことができない場所となったのです。空中帝国の住人たちは、森に人が住んでいたとは信じられないほどでした。

年に数回、防護服を身にまとった空中帝国の調査隊が森に入ると言いますが、その姿を目にした人はいません。

カンパネラ少年は、森には一体何があるのだろうと気になってしょうがありません。そこで、下を向いた望遠鏡で森の観察を始めることにするのでした。

森の観察を始めて一週間ほどが経ったある日、森の奥にある湖のほとりにカンパネラ少年と同じ年くらいの赤毛の女の子がひょっこり現れ、笛を吹いている姿が望遠鏡に映ったのです。

どうして森に人がいるのだろうとカンパネラ少年は不思議に思います。しかも、防護服すら身に纏っていないので驚きを隠せません。

それからも森の観察を続けると新たな発見がありました。森には赤毛の女の子以外にも人が住んでおり、カンパネラ少年たちと変わらない暮らしがあったのです。

20年の月日が流れ、カンパネラが30歳になったある日、空中帝国の極秘任務として森の地質調査を任されます。そして、調査隊になってから空中帝国の成り立ちをカンパネラは知ることになります。
人口が増加するのに伴って地上には人々が溢れ、地上だけでは生活していけなくなったので高層ビルが建設され、そのビルがさらに高くなり、ビルとビル同士が蜘蛛の巣のようにつながって、空中帝国はできたのです。それから空中帝国に暮らす住人と森に暮らす住人と分かれて生活を営むようになったのでした。

調査に出かける日になると、カンパネラは防護服を身に纏い、高速エレベーターで5,000m下の森へと向かいます。

調査隊が森に到着すると、カンパネラは隊を飛び出し、望遠鏡で見た湖のほとりを目指します。そして、望遠鏡で見た赤毛の女の子・ヨナヨナと出会うのでした。

それからというもの、カンパネラとヨナヨナは、空中帝国と森の暮らしをお互いに教え合います。空中帝国の住人は森の住人の存在を知らず、森の住人は空中帝国の住人の存在を知らず、長い時の流れとともにお互いがお互いに存在を忘れ去ってしまっていたのです。

そんなカンパネラとヨナヨナの交流が続くある日、森の住人には「好き」という言葉がないことを知ります。そして、「好き」の意味を聞かれたカンパネラは、何かを犠牲にしてでも守りたいという気持ちのことだと答えます。
「好き」の意味を知ったヨナヨナは、「好き」があるから何かが犠牲になって争いが起きるのだと考えるのでした。

「好き」という気持ちがない人は空中帝国では冷たいと言われますが、「好き」という気持ちがないヨナヨナはそれでも温かい心の持ち主だったのです。その感覚の差が空中帝国の住人と森の住人の隔たりを作ってしまったのだとカンパネラは悟ります。
そして、この二つの世界をどうにかつなげたいと思うようになるのでした。


この絵本は、タモリさんの発案をもとにキングコング西野さんが物語に仕立てて描いたものです。0.03mmのペン一本で丁寧に細部まで描かれたイラストが絵本の世界観へと引き込みます。

争いがなぜ起こるのか、社会の発展とは何なのか、違う文化の人間が共存し合うにはどうしたらよいのか、そういったことを改めて考えさせられるお話です。
カンパネラ爺さんは、なぜ大きなラッパを作り続けるのでしょうか?
物語の面白さはもちろんのこと、大切なメッセージが散りばめられたこの絵本をじっくり読みながら、その理由を探してみてください。

出版社からの内容紹介

僕が恋した少女は、「好き」という言葉がない国で育った。けれど、少女は、美しい音楽を知っていた——。タモリの発案を、キングコング西野が物語に仕立て、黒いペン1本で絵本にした!

出版社「幻冬舎」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。