絵本

おおきなでんしゃ

出版社からの内容紹介あらすじ

お父さんの忘れたお弁当を届けようと出かけるルイくん。駅で電車を待っていると、大きな電車がやってきた。乗車すると、家のぬいぐるみにそっくりの車掌がにむかえられ、電車の中にある家や店、図書館をめぐり、小さな電車にまで乗ることに……。通勤漫画家の座二郎がおくる、不思議な電車の物語絵本。紙袋の裏に描き、チラシや地図などのさまざまな紙をはりつけて作り出した、建物や電車の複雑に重なり合った世界を冒険できる。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。