絵本
モンゴルのおはなし

おかあさんとわるいキツネ

出版社からの内容紹介あらすじ

モンゴルの北の森には、赤ちゃんをねらう、悪いキツネがいます。お母さんは、赤ちゃんにウサギやトナカイのふりをさせ、赤ちゃんを守ろうとします。でも、ある日、とうとう、キツネは赤ちゃんをさらっていってしまいます。お母さんは、大トナカイに飛び乗って、キツネを追いかけます。風と雪ががふきつけます。お母さんは、赤ちゃんを救えるでしょうか?! 雄大な自然の中で子どもを守る、お母さんの大きな愛を描いた絵本です。

絵本「おかあさんとわるいキツネ モンゴルのおはなし」の一コマ

絵本「おかあさんとわるいキツネ モンゴルのおはなし」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。