絵本

おかあさんはね

優しく包み込むようなお母さんの愛情が詰まった我が子への願い。

この絵本の内容紹介あらすじ

お母さんの我が子への愛情溢れる願いがたくさん込められた絵本です。

お母さんは、ときどき風にお願いします。あなたが今日も泣いたりせずに笑っていられるように。

そして、「もっとちょうだい」よりも「どうぞ」と言える優しい子になるようにお願いします。

お母さんは、ときどき空にもお願いします。あなたがひとりぼっちではなく、みんなで力を合わせられる子になりますように。そして、悲しいときに「だいじょうぶだよ」っと言ってくれるお友達がそばにいますように。

お母さんの願いは、どれも我が子への愛情がぎっしり詰まっています。そして、我が子を想う気持ちが次から次へと溢れ出します。

「やだなー」よりも「ひゃっほー」っと思いっきり楽しめますように。あなたが言葉にできないほどのワクワクと出会いますように。

無理強いを決してしない、優しく包み込むようなお母さんの愛情たっぷりの願いに心が温かくなります。焦らなくても大丈夫、そして、素敵な未来へと一歩一歩ゆっくりと歩んでいって欲しい、そんなお母さんの愛情が詰まった願いが感じられるお話です。

出版社からの内容紹介

全米でベストセラーとなり10か国以上で翻訳出版。子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本。
「児童書界のフレッド・アステアとジンジャー・ロジャース」と呼ばれているエイミー・クラウス・ローゼンタール&トム・リヒテンヘルド。
このコンビの類まれなる才能は、子どもを持つすべての人々の「願い」の集大成を作り上げました。
全米のみならず世界中で共感を呼び、各国で翻訳されている話題の書。

出版社「マイクロマガジン社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。