絵本

おふとんかけたら

この絵本の内容紹介あらすじ

「たこさん たこさん おふとん かけたら」
「くーるくる」

「ソフトさん ソフトさん おふとん かけたら」
「と〜ろとろ」

「ありさん ありさん おふとん かけたら」
「に〜こにこ」

この絵本は、次から次へと意外なものにお布団を掛けていきます。タコにお布団を掛ければ八本の足を巻きつけて、ソフトクリームにお布団を掛ければとろっとろに溶けてしまい、小さなアリにまでお布団を掛けてしまいます。

トイレットペーパーや小さな豆にもお布団を掛けると・・・。一体どうなってしまうのでしょう。ページをめくるたびにクスッと笑いが込み上げるはず。最後は、お布団達の「おやすみなさい」が描かれます。

出版社からの内容紹介

たこさん、まめさん、ソフトクリームさんにトイレットペーパーさん......。ページをめくっておふとんかけたら、どんなねぞうになるのかな? 登場するみんなのゆかいなねぞうに、おやすみ前に親子でいっしょに大わらい。「だるまさん」シリーズかがくいひろしによる絵本。

出版社「ブロンズ新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。