絵本

おばあちゃんがいるといいのにな

この絵本の内容紹介あらすじ

おばあちゃんはいつも家にいて、帰ってくる家族を迎えてくれます。

おばあちゃんが縁側で編み物をしていると、みんなも寄ってきてのんびり。

ぼくは、お母さんに怒られるとおばあちゃんのところに行きます。近くに寄って座っているだけで、不思議なことにぼくの涙が乾くのです。

おばあちゃんの前掛けのポケットには、いつもちり紙が入っています。そして、ぼくがくしゃみをするたび、そのちり紙で鼻を拭いてくれます。

おばあちゃんは、お粥を炊いてくれます。お腹が痛いとき、ぼくはそのお粥をたくさん食べるのです。

そうやってぼくは、おばあちゃんと穏やかな日々を過ごします。夏には一緒に蛍を見て、秋には一緒に松茸取りに出掛けます。寒い冬になると、おばあちゃんはコタツに入ってお留守番です。

ところがある日、おばあちゃんは病気を患ってしまいます。片方の乳を切り落とさなければならなかったのです。

ぼくは、どうしてもおばあちゃんに生きてて欲しいと願いますが・・・。


おばあちゃんと男の子の穏やかな日々を描きます。おばあちゃんの温かさが存分に伝わることでしょう。

「おばあちゃんが いると いいのにな」という男の子の一言に、おばあちゃんへの愛情が詰まっています。その愛情に、尊さを感じるはずです。

おばあちゃんは何をするわけでもありませんが、その存在の大きさが感じ取れます。おばあちゃんは、誰にも代えがたい安心感を与えてくれるのです。

出版社からの内容紹介

お母さんに怒られたとき、おばあちゃんがなぐさめてくれた。なんでも知っているおばあちゃん。命のつながりを考える絵本。

出版社「ポプラ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。