絵本

のうさぎミミオ

出版社からの内容紹介あらすじ

のうさぎのミミオは、ある日ふしぎな落としものを拾いました。ギザギザの石がふたつくっついた形。物知りのあなぐまは、「音楽家のやまあらしの楽器だ」と言いますが、やまあらしは「人間の作ったわなだ」、くまは「おおかみの入れ歯だ」と言うのです。ミミオは、持ち主探しをあきらめそうになりますが…。舟崎克彦の描く、森の動物たちの挿絵が魅力的な、楽しい物語です。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。