絵本

ねこのピカリとまどのほし

窓に灯る明かりは、まるで星のような煌めき。
お腹を空かせたピカリは、いい匂いのする『窓の星』を目指して駆けていきますが・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

夕日が山の向こうに沈んでいくと、空には星が瞬き始めます。

草むらにも緑の小さな星が瞬いているかと思いきや・・・、それは猫のピカリの目が光っているのです。

星が煌めき、家にも明かりが灯ると、そろそろ晩御飯の時間。ピカリのお腹もペコペコです。
いい匂いのする家を目指して、ピカリは一直線に駆けていきます。

家の前に到着すると、「トントン ニャーオ おなか へったよ いれとくれ。」とピカリがお願いしますが、住人からあっさりと断られてしまいます。
この家の住人はみんな同じ顔。そして、同じ顔でないと迎え入れることはできないと言うのです。

ピカリは次の家に到着し、「トントン ニャーオ おなか へったよ いれとくれ。」とお願いすると、今度の住人は迎え入れてくれたのですが・・・。
この家の住人は、天井に逆さにぶら下がったコウモリ。逆さまになって入るようにと言うのですが、ピカリは猫なので諦めざるを得ません。

ピカリは他の家も訪ねますが、巨人がぎゅうぎゅうに詰まって暮らす家には入れませんし、虫が暮らす家は小さすぎて入れませんし、様々な事情で諦めざるを得ません。

いよいよピカリの空腹も限界に迫ろうかというころ、どこからともなく歌声が聞こえてきました。

「おいで、おいでよ おいしい ごはん。わたしの いえへ いらっしゃい〜。」

その歌声を聞いたピカリは大喜び。一目散に歌声のする家へと駆けていきます。

ところが、その歌声の主は恐ろしい怪物。ピカリを食べるための罠だったのです。

さて、ピカリはどうなってしまうのでしょうか。そして、ピカリの空腹は満たされるのでしょうか。

出版社からの内容紹介

日が落ちると、たくさんの家のまどに明かりがともります。それは、まるで、まどのほしのよう。さて、そろそろ晩ご飯の時間です。おなかをすかせた、ねこのピカリは、いいにおいのするまどのほしを訪ねあるきます。けれども、小さすぎたり、まんいんだったり、どの家もピカリを入れることができません。ピカリのまどのほしは、みつかるでしょうか?市居みかの絵が美しい、優しさがいっぱいつまった絵本です。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。