絵本

まってるまってる

出版社からの内容紹介あらすじ

まってるまってる。
なんのぎょうれつ?
まってるまってる。
いったい、なんのぎょうれつ?

先になにがあるのか、わからないのにまっている。
なんの行列か、わからないのに並んでしまう。
そんなことって、あるかしら?
とっても変。かなり変。

高畠那生さんの手にかかると、この”変”がとてもいい。
意外な展開にきもちがゆさぶられる。
混乱してしまう自分が心地良い。
この絵本の先にはユーモア絵本ならではの醍醐味がまってるまってる。
さあ、どうぞ並んでください。

絵本「まってるまってる」の一コマ

絵本「まってるまってる」の一コマ

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。