絵本

まちの ひろばの どうぶつたち

出版社からの内容紹介あらすじ

ある町の広場に5匹の動物たちがすんでいました。動物たちは夜明けとともに起き、だれかの手伝いをして、いたずらして、夜は広場で眠って、毎日を気ままに過ごしていました。でも、少しさみしくもありました。なぜなら動物たちのことをだれも知らなかったからです……。自由に楽しく生きている動物たちが、男の子とのふしぎな出会いから、新しいくらしを見つけます。だれかが自分を知っていることがうれしいと思えるお話絵本です。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。