絵本

また おいで

出版社からの内容紹介あらすじ

キツネの子はある日、公園でウサギの子に会いました。お父さんを待っているというウサギの子の目には涙がいっぱいです。キツネの子は、弟と雷雨の日に留守番をして泣いてしまったことを思い出しました。「お父さんはすぐに戻ってくるよ」とウサギの子を励ますうちに、やがて「自転車で、ウサギの子の家に送っていこう」と思い立ちます…。ウサギの子との小さな出会いと、“待つ”気持ちを丁寧に描いた、あたたかい幼年童話です。

絵本「また おいで」の一コマ

絵本「また おいで」の一コマ

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。