絵本

まねっこ おやこ

ライオンおかあさんが「ガオーー」。おとうさんも「ガオーー」。あかちゃんもまねして「キャオーー」。動物たちの声や動きをまねしながら、コミュニケーションを楽しめるファーストブックにおすすめの絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

動物の親子が仲良くまねっこを楽しむ絵本です。

「おかあさんが ガオー、おとうさんもガオー、みんなでガオー」とライオンの親子は子どもと一緒に雄叫びを上げ、ねずみの親子はチーズをぱくっと食べ、ぶたのおやこはごろんと横になる。といったように子どもが親の真似をする様子と家族みんなで同じ動作をする様子がとても愛らしく、そして微笑ましく描かれていています。

この絵本を読むと、動物の親子も私たち人間の親子も、親の真似をするのだなということがわかりますよね。人間の親子もおかあさん、おとうさんが言ったことや動作を真似します。この絵本は、子どもは親の背中を見て育つのだということを改めて教えてくれているような気がしますね。

読み聞かせをするときは、子どもと一緒に動物の親子の真似をしてみたり、親子みんなでまねっこ遊びをしながら読むと楽しいですよ!絵本にはない動物にも遊びを広げていっても楽しいでしょう。 

絵を描いているのはマリメッコなどを手掛けているフィンランドのイラストレーターの方なので日本人の絵本とは色合いが違っていてとてもスタイリッシュな1冊です。

親子のコミュニケーションツールとして利用できる、新米パパの読み聞かせ絵本としてもおすすめの一冊です。

出版社からの内容紹介

ライオンおかあさんが「ガオーー」。おとうさんも「ガオーー」。あかちゃんもまねして「キャオーー」。みんなそろって「ガオーー」。動物の親子が、そろって同じ動作をするなんともかわいらしい姿がユーモアたっぷりに描かれています。動きや声をまねしながら、コミュニケーションをたのしめるファーストブック。

出版社「ブロンズ新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。