絵本

九九をとなえる王子さま

出版社からの内容紹介あらすじ

ここは数字の国なのに、かける王子はかけ算が大きらい! 勉強したくないあまり、魔法を使って、かけ算を消してしまいます。ところが、おかげでまちは大混乱。かけるは、あわててかけ算を取りもどそうとしますが、魔法を解くには1の段から9の段までを、声に出して唱えなければなりません。立ちはだかる、九九が描かれた重い扉を、かけるは無事にすべてクリアできるでしょうか? 読むだけで、かけ算に親しめる、楽しい絵本です!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。