絵本

ことりをすきになった山

渡り鳥ジョイと岩山の長い年月の交流を描いた物語。世代を超えた交流が、岩山を色鮮やかで自然豊かな姿に変えていきます。

この絵本の内容紹介あらすじ

荒れ果てた野原に、ぽつんと岩だらけの山がありました。その山には、草や木が一本も生えていません。当然、虫も動物も住んでいませんでした。

山は、太陽に照らされたり、風に吹かれることはあっても、山肌に直に触れるのは雨や雪だけ。その冷たさしか知りませんでした。

気が遠くなるほどの長い間、山は流れる雲や空ばかりを見て暮らしていました。澄みきった夜になれば、満点の星空が見えましたが、他には何一つ見えません。

そんなある日、どこからともなく一羽の小鳥がやってきました。その小鳥は、岩山の上を一回り飛んで、岩角に止まって羽を繕いました。

「そこにいるのは だれだね? 名まえを おしえてくれないか」

小鳥の爪が優しく包む感覚や柔らかい体が触れる感覚、山にとってはそのどれもが初めて感じるものでした。山は、わくわくしながら尋ねました。

「わたしは ことりよ。名まえは ジョイ。とおい島から はるばる とんできました。 まい年春になると、巣をつくり ひなをそだてる場所を さがして たびにでるの。 ここで やすませてもらったら、また でかけます」

ジョイがそう言うと、山はここにいてくれないかと尋ねました。ところが、ジョイは生き物なので、食べ物や水がなければ暮らせません。ここで暮らせない代わりに、毎年春になったら山に立ち寄ることを約束しました。

それでもジョイには寿命があります。二、三回立ち寄るのが限界です。そこで、ジョイという名前を代々引き継いで、その子ども達を山に立ち寄らせると約束しました。

山とジョイの交流は、ほんのひととき。ジョイは「らい年の春まで ごきげんよう」と言って、飛び立ちました。

それ以来、春になるたび何世代にも渡ってジョイが山に立ち寄りました。山は、ジョイが来るのを待ち焦がれ、その反面、見送るのが辛くてたまりませんでした。

ジョイが初めて立ち寄ってから百回目の春のこと。ジョイが飛び立つのを見送ると、その辛さに耐えかねて山の心臓が爆発しました。硬い岩が砕け、山の奥底から涙が吹き出したのです。

それからというもの、ジョイが立ち寄っても山は涙を流すばかり。何年も何年も涙を流し続けました。

一方でジョイは、毎年春になると山に種を一つ植えていくようになりました。何年も何年も種を植え続けます。

そうするうちに、岩山には緑が生い茂り、生き物達が住み始めました。ところが、それにも気づかず、山の涙は止まりません。

この山の悲しみに終わりは来るのでしょうか。そして、ジョイとの交流はどうなるのでしょうか。最後の展開に、心が温まります。

出版社からの内容紹介

渡り鳥のジョイと岩山のあいだに生まれた友情は、山を緑の楽園に変えていく。文化人類学者の命の讃歌をコラージュで力強く表現。

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。