絵本

ことりのうち

この絵本の内容紹介あらすじ

「ことりの きれいな こえを きいていると きぶんが いいね。」

ばばばあちゃんは、小鳥の声を聞いて、あることを思いつきました。それは、小鳥がたくさん来るように小鳥の家を作ること。

目的は小鳥の声を聞くことでもありますが、その声を聞きながらお昼寝することでもありました。さっそく動物達を集めると、作業に取り掛かりました。

完成した小鳥の家に来訪者!?

ばばばあちゃん達は、小鳥の家が出来上がると、木の枝に引っ掛けていきました。その作業も終えると、あとは小鳥が来るのを待つだけです。

ところが、やってきたのは小鳥ではありません。「バサ バサ バサ……」と大きくてヘンテコな鳥がやってきたのです。しかも、あまりに大きかったので、小鳥の家を木の枝から地面に落としてしまいます。

そこで、ばばばあちゃんは、このヘンテコな鳥にも巣を作ってあげることに――。藁と木の枝と他にもたくさんの物をかき集め、どうにかこうにか大きな巣を作りました。

それなのに、ヘンテコな鳥は巣に入ると大暴れ。さらには、大きな声で叫び始めました。

ヘンテコな鳥は迷子?

「なんで そんなに あばれるんだい? まるで こどもじゃないか!」

ばばばあちゃんがそう言うと、「だって、ぼく こどもだよ」とヘンテコな鳥が言いました。大きな体をしていましたが、まだ子どもだったのです。それのみか、迷子の鳥でもありました。

ばばばあちゃんは事情を知ると、お母さんを探すための良い方法を思いつき……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

こんなおばあちゃんがいたら、毎日楽しいよ、きっと。
ばばばあちゃんのお話は、ダイナミックな展開が楽しいよね!

アイコン画像

そうそう。
今回もそのダイナミックな方法で、お母さん探しをするんだよ。

アイコン画像

そうなの!? どんな方法?

アイコン画像

それはね……、読んでからのお楽しみ!
最後は愉快な展開が待ってるよ。

出版社からの内容紹介

春。ばばばあちゃんは、外で小鳥の声を聞きながら昼寝がしたくなったので、「ことりのうち」をたくさん作って小鳥が来るのをまっていました。そこへ突然、バタバタと大きな鳥がやってきて、ギャーギャー鳴きさけびはじめました。これでは昼寝もできません。「どうしてそんなに騒ぐんだい?」と聞くと、なんとその鳥はまだ子どもで、お母さんを呼んでいたのです。それを聞いたばばばあちゃん、「そうだ! 」と名案を思いつきます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。