絵本

ことりのみずあび

出版社からの内容紹介あらすじ

小鳥がすきなのは、うたをうたうこと。そして、みずあびをすること!
でも困ったことに、みずあびができるのは、だいっきらいなあめふりのあと…。
こわがりやで、慎重な小鳥の一日を描いた楽しいお話。ゆかいな擬音語がたくさん出てきて、長いお話には飽きてしまう小さなお子さんも楽しめます。
ベッドタイムブックにもふさわしい絵本です。

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。