絵本

こおりのなみだ

出版社からの内容紹介あらすじ

連れ去られたクマの子は人間の子として大事に育てられるが、7年後に実の親子が再会する。選択を迫られた子どもは…。親子が互いを思いあう気持ちの深さに胸を打たれる絵本。

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。