絵本

子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく

出版社からの内容紹介あらすじ

まさるはパパが大好き。パパと「えんかいごっこ」や「ざとういちごっこ」をして遊びます。パパは元気に遊ぶまさるを見て「もういっかい子どもになりたい」というのです。まさるは子どもをやめたいのに。でも、二人で砂浜に理想のお家を描いたとき、パパは「もう子どもになりたいっていうのをやめる」といいだしました…。灰谷健次郎が贈る、まさるとパパの幸せな毎日を描いた傑作創作童話を、当時のままに復刊しました!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。