絵本

きせきのお花畑

出版社からの内容紹介あらすじ

カマンチャカと呼ばれる霧が現れ、砂漠に眠っていた種たちは大喜び。一斉に花開きます。一年に一度だけの花畑に、虫や動物たちも次々と訪れます。やがて花は枯れますが、種を宿し、来年のときを待つのでした。

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。