絵本

かさぶたって どんなぶた

出版社からの内容紹介あらすじ

日本語の重要さが改めて見直されている今、これまでと一味違う新しいタイプの詩の絵本!子供には少し難しい内容だったり意味のわからない言葉が出てくる詩でも、まずは詩を丸ごと味わってもらい、言葉の面白さ、美しさ、不思議さに、子供たち一人一人が自ら興味が持てるよう人気絵本作家の絵を添え、想像力が喚起されるよう工夫しました。各巻末には、詩人の小池昌代さんのやさしい解説もつき、家でも学校でも朗読するのに最適です。

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。