絵本

かおかおどんなかお

楽しい顔、悲しい顔、笑った顔、泣いた顔・・・、さまざまな表情を大胆にデフォルメして切り絵で表現した赤ちゃん向けの表情の絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

笑った顔に悲しい顔。顔のまねっこで表情豊かに。

まるいかたちの顔のにふたつの目と鼻と口。ページをすすめるごとにあっという間に顔が出来上がり!

顔ができたら今度はいろんな表情をみせてくれます。口が大きく開くと笑った顔に、口がへの字になると悲しい顔。目がつりあがると怒った顔、そして眉毛が下がって困った顔。パーツは同じなのに形が変わるといろんな表情になるのが面白くて不思議な絵本です。

赤ちゃんは「かお」が大好きなので、いろんな顔がでてくるこの絵本はお気に入りの一冊になってくれるでしょう。

ページをめくるたびに、今度はどんな表情をみせてくれるのだろう、っと子どもも目を輝かてくれること間違いなし。笑った顔ではおもいっきり「わははは」と笑ってみたり、悲しい顔のときは「うえーん」と泣いてみたりと自分なりのアレンジをつけて読み聞かせをするのもおすすめです。そうすることで、その様子を見ている子どもも表情が豊かになってくれるでしょう。

絵本を見ながら、「笑った顔はどんなときにするのかな?」「怒った顔はどんなとき?」「悲しい顔は?」などの声掛けをすると積極的に考えてくれます。そうすることで、友達がどんな気持ちなのかを表情でよめるようになり、友達の気持ちを理解する手助けにもなってくれます。

この絵本は他人の気持ちを理解するのにも一役かってくれますし、子どもの表情を豊かにしてくれる1冊でもありますね。

出版社からの内容紹介

楽しい顔、悲しい顔、笑った顔、泣いた顔、いたずらな顔…。さまざまな顔の表情を大胆にデフォルメして切り絵で表現した“表情の絵本”。赤ちゃんはもちろん、幼児も絵本を見ながら百面相をして楽しんでいます。

出版社「こぐま社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。