絵本

カクレクマノミは大きいほうがお母さん

出版社からの内容紹介あらすじ

鮮やかなオレンジ色と白オビ模様がかわいい「カクレクマノミ」。サンゴ礁に住む人気者のこの魚は、家族のように助けあって暮らしたり、一生のうちにオスからメスへ性別を変えたり(だから、卵を生むメス=お母さん役のサイズが、群れのなかで1番大きい!)と、じつに生態のおもしろい魚なのです。不思議な部分を絵と言葉でていねいに説明し、サンゴ礁の豊かさから自然の大切さを説く、わかりやすくておもしろい科学絵本の第2弾!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。