絵本

もうぬげない

この絵本の内容紹介あらすじ

僕の服が首元に引っ掛かって脱げなくなってしまいました。

お母さんが「おフロに はいろう」と言うからこうなってしまったのです。

「じぶんで ぬぐ!」と言ったのに、お母さんが急いで脱がそうとするからこうなってしまったのです。

僕は意地を張って自分で脱ごうと試してみますが、どうにもこうにもなりません。

服が脱げなくても大丈夫!

服が脱げないままでいると、僕は少し不安になってきました。このまま大人になったらどうなるのだろうと考えたのです。

それでも、前がうっすら見えているので、なんとかなるような気がしてきました。

きっと、僕と同じように服が脱げなくなった人は大勢いるだろうし、服が脱げなくても偉くなった人はいるはず——。

「そうだよ! ふくが ぬげないんだったら、ぬがなきゃ いいんだ!」

喉が渇いても、猫にくすぐられても、工夫すればどうにかなるはずだと僕は考えました。

でも、やっぱり服を脱ぎたい!

「うん! だいじょうぶ! ぼくは ずっと このままで いよう!」

そう決めたはずなのに、お腹が冷えると決心が揺らぎます。

お母さんに脱がせてもらって、お風呂に入ろうとも考えました。

それでも、僕は悔しいので自分で脱ごうと意地を張ります。

そして何を思ったのか、僕はズボンから脱いでみようと閃きました。

ところが、さっそく試してみると、ズボンまでも足首に引っかかり……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

たしかに、服が引っかかってるだけで、他の人とは変わらないんだけど……。

アイコン画像

ツッコミたくなるような、奇想天外な発想が面白いよね!

アイコン画像

うんうん。
でも、首元には服が引っかかって、足首にはズボンが引っかかって、考えただけでもシュールだよなぁ。

アイコン画像

子どもだから許される展開だね~。 こうやって見ると、意地っ張りな子どもも可愛く見えるよね!

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

ふくがひっかかってぬげなくなって、もう どれくらいたったのかしら。このままずっとぬげなかったらどうしよう。このままおとなになるのかな。ぬがないまま、工夫しながら生きる? ぬげない仲間をみつけて、たのしく生きる? あれこれ考えるうち、だんだんおなかがさむくなってきて......

出版社「ブロンズ新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。