絵本

りんごかもしれない

この絵本の内容紹介あらすじ

ある日、男の子が学校から帰ってくるとテーブルの上にリンゴが一つ置いてありました。そして、そのリンゴを見かけた瞬間、ふと思うことがありました。

「……でも……もしかしたら これは りんごじゃないのかもしれない」

男の子の「かもしれない」の妄想が膨らみ出す!?

もしかしたら——
大きなサクランボの一粒かもしれない……
中身はブドウゼリーなのかもしれない……
剥いても剥いても皮しかないのかもしれない……
メカがぎっしり詰まっているのかもしれない……

——男の子の妄想は、まだまだ続きます。
実は何かの卵なのかもしれない……
育てると大きな家になるのかもしれない……
宇宙から落ちてきた小さな星なのかもしれない……
表面をよく見ると小さな宇宙人がいるかもしれない……

このように一度膨らんだ妄想は止まることを知りません。それどころか、男の子の「かもしれない」の妄想は、これまでとは違う方向に展開し始めます。

「そもそも なんで ここに あるんだろう。」

そもそも——
お母さんがスーパーで買ってきたのかもしれない……
酔っぱらったお父さんがどこかから持ってきたのかもしれない……
何かの合図かもしれない……
罠なのかもしれない……

男の子の妄想の行き着く先は!?

「でも……もしかしたら……やっぱり ふつうの りんご かもしれない……」

これほど妄想を繰り広げたにも関わらず、男の子は誰もと同じ発想に落ち着き、リンゴを手に取りました。

それから匂いを嗅いでみたり、くすぐってみたり、見つめてみたり、最後は食べてみると……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

男の子が見たのは、テーブルの上にリンゴが置かれただけのありふれた光景だよね。その日常の一場面が、切り取り方次第でこれほどユーモアに溢れるんだね!

アイコン画像

うんうん。
想像力というか、妄想力というか、こういう発想が面白いよね!

アイコン画像

読み進めていくうちに、なんだかクセになるような気がするね!

アイコン画像

何を見ても「かもしれない」と思ってしまうようになるかも(笑)

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

テーブルの上にりんごがおいてあった。 ......でも、......もしかしたら、これはりんごじゃないかもしれない。もしかしたら、大きなサクランボのいちぶかもしれないし、心があるのかもしれない。実は、宇宙から落ちてきた小さな星なのかもしれない...... 「かんがえる」ことを果てしなく楽しめる、発想絵本。

出版社「ブロンズ新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。