絵本

だるまさんが

この絵本の内容紹介あらすじ

「だるまさんが どてっ」
「だるまさんが ぷしゅーっ」
「だるまさんが ぷっ」

「だるまさんが」に続く言葉と言えば、「転んだ」がお馴染みのフレーズです。ところが、今回は「だるまさんが」の言葉にアレンジを加えて描きます。楽しいオノマトペやだるまさんの個性豊かな動きが見所です。

子ども遊びの代表格の一つである『だるまさんが転んだ』は、誰でも一度は遊んだことがあるはず。鬼役が壁や柱を向いて「だるまさんがころんだ」と唱える間に、鬼役に近づいていく、このお馴染みのルールを知らない人はいないのではないでしょうか。この絵本は、その『だるまさんが転んだ』をもとに描かれます。

だるまさんが「どてっ」と転んだり、だるまさんの体が「ぷしゅーっ」と萎んだり、だるまさんが「ぷっ」とオナラをしたり。「だるまさんが」の言葉に続けて、ユーモアたっぷりの表情を浮かべます。


「だるまさんが」のフレーズが特徴的な、リズミカルな繰り返し絵本です。とてもシンプルな展開ですが、「次はどうなるだろう?」と興味を惹きつけます。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

「だ・る・ま・さ・ん・が」左右にうごくだるまさん。ページをめくると......あらら、びっくり! 大わらい! さて、おつぎは......? 0歳の赤ちゃんから大人まで、ページをめくるたびわらいの渦に引きこまれる、とびきりゆかいな「だるまさん」シリーズ第1弾です。

出版社「ブロンズ新社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。