絵本

もしものせかい

この絵本の内容紹介あらすじ

男の子が寝ているとき、白猫が窓から入ってきて、棚に飾ってあるロボットのおもちゃを持って行ってしまいました。

そして、なぜかそのロボットのおもちゃは男の子の夢に現れます。

突然、ロボットのおもちゃは『もしものせかい』に行くことになったと男の子に告げます。

『もしものせかい』とは、男の子がいつも暮らしている世界ではなく、男の子の心の中にあるもう一つの世界。

『もしものせかい』にあるのは、男の子が出来なかったこと、ずっと一緒にいたかった人、変わってほしくなかったもの。他にも、「もしも あのとき・・・」と思い出すもの。

「もしも あれが うまくいってたら」「もしも あちらを えらんでいたら」「もしも あのひとが そばにいたら」、そんな男の子の「もしも・・・」が詰まった世界にロボットのおもちゃは行くのです。

なぜロボットのおもちゃは『もしものせかい』に行かなくてはいけないのでしょうか。なぜ男の子とロボットのおもちゃが離れ離れにならなくてはいけないのでしょうか。

ロボットのおもちゃは、その理由を考えてみたけれど、そこに理由はないようだと言います。

「たまたまそうなった」「最初から決まっていた」「誰かのせいで」、色々と考え方はありますが、一つだけ決まっているのは、ロボットのおもちゃが『もしものせかい』に行って二度と帰ってこないということ。

男の子の大事なものが『もしものせかい』に行ってしまったとき、『もしものせかい』が大きくなる代わりに『いつものせかい』が小さくなってしまうのだとロボットのおもちゃは言います。

それは生きていくのも辛いほどのことだけれど、そのうち『いつものせかい』はゆっくりと膨らんでくる、何もしなかったとしてもそうなるのだとロボットのおもちゃは言います。

また、『もしものせかい』が大きい人であればあるほど、『いつものせかい』も大きく膨らませることができるはずなのです。


成長するにつれて、誰しも何かを失ったり、後悔することが増えていくのではないでしょうか。「もしもあのとき・・・」、大人になってもそう思うことが人生の中でたくさんあるのではないでしょうか。

『いつものせかい』は、人間関係や社会的な事情など様々な理由でうまくいかないことがたくさんあります。

反対に『もしものせかい』は、『いつものせかい』では叶わないことでも際限なく想像を膨らませることができます。

このお話が『いつものせかい』と『もしものせかい』は表裏一体でどちらも大切なのだと気づかせてくれるように感じます。

『いつものせかい』しかなければ無味無臭のつまらない人間になってしまうでしょうし、『もしものせかい』しかなければ目の前のことを一歩一歩着実に努力できない人間になってしまうでしょうし、二つのバランスを整えることが大切なのでしょう。そして、その二つがどちらも大きく膨らんでいくことが何より大切なのでしょう。

単純に物語を楽しむこともできますが、哲学を楽しむこともできる素敵な絵本です。子どもだけでなく、大人が読んでも楽しいお話です。

出版社からの内容紹介

少し前の私に、どうしても必要な物語でした。
ヨシタケシンスケ

やあ おはよう。
とつぜんでもうしわけないんだけど、ボク もしものせかいにいくことになりました。

大事なものを突然失ったとき、思いがけない別れが訪れたとき。
心にぽっかりと空いた穴は、どうやって埋めたらいいんだろう。
ヨシタケシンスケの新たな世界。
何度も読み返したくなる優しい物語です。

『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)をスタートに、数々の大ヒット作を生み出し続ける絵本作家・ヨシタケシンスケの最新刊。
本書『もしものせかい』は、多忙な著者にとって、はじめて「誰かに依頼される前に生まれた物語」でした。
自身の悲しい経験により、この物語を描かないと先に進めない――つまり、少し前の“ヨシタケシンスケ”にとって、『もしものせかい』はどうしても描く必要のある物語だったそうです。
悲しみや喪失感を忘れようとしたり、もとの自分を取り戻そうとしたりするのではなく、その経験そのものをまるごと抱えて生きていくこととは? そして「その先」への思いが詰まっています。

 

「もしものせかい」を持つすべての人へ。
何度も読み返していただきたい、すてきな絵本ができあがりました。

出版社「赤ちゃんとママ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。